イナリヤマンとは…

image6.jpg

解体から回収までをトータルでサポートするプロフェッショナル集団

お客さまを全力で応援する稲荷山の社員「イナリヤマン」。

かゆいところに手が届くサービスで、お客さまの「困った」を解決しています。

最高のサービスを提供するために、社員は自分の付加価値を高めることに一生懸命。

頑張っている姿をちゃんと見てくれる評価システムが自慢です。

稲荷山の全社営業体制

優秀な人材を確保するスカウトのプロ

営業1課

新規採用部門

 少子高齢化が急速に進みつつある昨今、同業他社との競争はいかに優秀な人材を新卒、中途に関わらずどれだけ多く集めることが出来るかの勝負となり、今まで以上に求人活動の結果が増収という結果に直結しています。中長期に亘る事業計画に基づき、事業所のある群馬、長野、栃木にとどまらず、今後は北海道から沖縄まで全国を守備範囲として人材確保に飛び回る。

業界でも珍しいスカウティング部門。

他社とは違う新しいサービスによる現場のプロ

営業2課

現場のスペシャリスト部門

 既存の建設物解体業のお客様との取引を開拓する、質量ともに稲荷山の中核的人材が集まっている部門。特定のお客様が大型物件を受注された場合、解体工事自体(主に内装解体等)をお手伝いしたり、ローリー車で工事現場に建設機械用の軽油を廉価で配達するなど、同業他社とは一線を画した新しいサービスにより、解体業のお客様にとって「本物の応援団」を目指す部門。

合言葉は「いつも隣にイナリヤマン」

他社とは違う新しいサービスによる現場のプロ

営業3課

戦略営業部門

 主に建設物解体業以外のお客様をルート営業しながら新規開拓を目指す、「営業の稲荷山」本流の営業部門。営業1課、営業2課との連携によって安定した数字を残すことが可能になり、個人の才能、センスによるところが大きい「属人的営業」から全社営業体制による圧倒的なサービスの差別化を武器に「組織的営業」に脱皮。インセンティブな部分が残っており、営業3課独自の業績連動賞与システム有。「営業のプロ」的な部門。

​出版事業部

出版事業部

 社内外に発信する社外報、Youtube制作、TVCM制作、音楽出版事業、社内に配布する社内報やお得意様資料に至るまでの各種メディアを一から制作し事業化する部署です。

​社内外に稲荷山の活動を積極的にプロモーションする活動も、イナリヤマンの重要課題です。

 

・紙媒体「月刊イナリヤマ」「イナリヤマスポーツ(イナスポ)」「社内報イナリヤマン」

​・YouTube「動画イナリヤマ」「がんばれイナリヤマン(野球部試合結果)」「リクルート案内」

​・TVCM制作 「2017年 夏の高校野球 群馬県大会 群馬テレビCM」

・音楽出版 「2017年 夏の高校野球 群馬県大会 群馬テレビCM ソング”まだ見えない世界” 楽曲・CD制作」

​出版事業部